EDの定義とは?

EDになり頭を抱える男性

EDとされるのには主に二つ定義を満たしている状態のことです。
一つ目は、性行為に十分な勃起が得られない、又は勃起の維持が困難で満足な性行為ができない。
二つ目は、そのような状態が、3か月以上持続していることです。
外傷などの外的要因が関係しない場合は、この二つがEDの定義とされます。
性的な興奮や刺激を受けると、脳の感じた興奮が神経を通して陰茎に伝達されます。
すると陰茎にある海綿体の動脈が拡張されて血液が流れ込み、大きく膨らむのが勃起という現象です。
EDの症状が出ている場合、勃起のメカニズムのどこかで問題が発生していて、海綿体に勃起に至る血液が送り込まれないと考えられます。

EDを日本語に訳すと勃起障害や勃起不全となるので、EDは全く勃起できないように感じますが、そのようなケースに限らず、勃起はできるが硬さが足りなかったり、維持が難しい場合も含まれます。
満足な性交が行えない状態がすでにEDで、全く勃起しない人よりも、中折れや途中で萎えてしまうのが最も多く見られる症状です。
中折れとは、勃起と挿入はできるものの、行為中に勃起が徐々に萎えてしまう症状です。
40代に入った頃から多く見られるようになり、50歳になる頃には男性の6割以上が少なからず症状を経験していると報告されています。
挿入できて射精も行えるため、本人が無自覚なまま症状が進行してしまいます。
他にも、性的な興奮または刺激を受けているのに、勃起するのに時間がかかったり、勃起できたとしても射精前に萎えてしまったりすることも症状に含まれます。
つまり、自分の意思に機能が追い付かず、性行為に不満を抱いている人の多くがEDか、その予備軍の可能性があります。

EDに効く薬といえばコレ!「バイアグラ」

バイアグラで快適なSEXをするカップル

バイアグラはEDに対して素早く強く効く薬であり、現在でもED治療薬もしくは勃起薬と言えばバイアグラしか知らない方は少なくありません。
性行為の1時間前に服用すれば、今まで悩んでいた勃起不全がすっかり解消されてしまうのです。
体質を改善させる薬ではないので、薬効が切れればいつものペニスに戻りますが、瞬間的に勃起させられるメリットは大きなものでしょう。
SEXを快適にすることでパートナーも喜びますし、すっかりEDのコンプレックスが解消してしまう男性は少なくありません。
もし使うならば、バイアグラは自分の予定に合わせて買える通販が便利なのでそちらを利用する方も多くいます。 またED治療薬のように強い薬の作用が気になる方は、天然成分が配合されている媚薬を試されるのもよろしいでしょう。
媚薬を試されるのであれば、媚薬の効果を上げる食べ物などを摂られるとよろしいです。
バナナ・アボカド・はちみつ・イチジクなどは媚薬効果があると言われています。男女でSEXを楽しのであれば、お互いに協力しあいましょう。
EDになると精神的に不安定になり、SEXを敬遠するようになる方が多いのです。
すると性欲も減退してしまったり、性欲を感じてもペニスが立たなくなったりします。

精力剤を飲んでコツコツと改善しようと考える方もいますが、少なくとも数ヵ月はかかるでしょう。
その間にもSEXに失敗してしまえば、コンプレックスから抜け出すことはできません。
ED治療薬は精神を安定させる薬ではありませんが、SEXを成功させることが精神的によいのは間違いないでしょう。
全身の血行不良を放置しておくと、やがて下半身の元気もなくなってきます。
勃起不全はペニスの病気と認識する方が多いですが、実際は血流がドロドロになることで陰茎海綿体が素早く膨張できない状態になっているのです。
下半身の動脈硬化とも言える症状なので、これを解消していくためには生活改善も必須となります。
バイアグラを服用する方は、医師から生活の改善ポイントについても聞かされるでしょう。
指摘されやすいポイントとしては食生活、運動不足、ストレス、寝不足などがあります。
これらはすべて勃起不全を招くので、早急に改善させていく必要があるでしょう。
また、バイアグラにはジェネリックもあります。
中でも一番よく耳にするカマグラゴールドはジェネリックで安い上に効果も高く人気があります。

ED治療薬は健康面でも安全に使える

ED治療薬の安全性を伝える医師

勃起不全を治療できる勃起薬は、用法を間違えなければ健康面での大きな副作用を生じさせることはありません。
安全に利用できるので安心してED治療薬を購入することができるのです。
一般的に、クリニックで提供されているED治療薬には副作用が生じやすい状況があります。
ですから、そうした状況を作らないようにしておけば重大な副作用が身体に生じることはないので健康を害することもありません。
具体的には、食事との関連性を第一に考えておけば間違いありません。
ED治療薬は、身体に吸収されると血中濃度を変化させて勃起不全を治療することになりますので血中に作用しやすい食事の中の栄養分はED治療薬とかなり相性が悪いという特徴があります。
有名なバイアグラに関しては食事との相性の悪さは有名で、服用するときには必ず空腹の状態に利用しなくてはいけません。
空腹時ではない状況で服用すると、バイアグラの効果を体感することが難しくなるだけではなく、身体に対して予測できない重大な疾患が生じることがあります。
これはバイアグラに限ったことではなく、例えば特定の食事を摂取することによって後遺症となって残ってしまうくらいにきつい症状に襲われることもあります。
グレープフルーツなどは健康を阻害する相性の悪さで、ED治療薬を服用する前後では決して摂取しないように気を付けておきましょう。

ただ、上記でも述べた通り単純に服用するだけであるのならば医学的な効果も十分に認められているので安心して問題ありません。
特に、近年は食事の影響をあまり受けない薬の開発も進められていますのでどうしても不安な人は処方してもらう際にそうした薬を貰うように相談しましょう。
そうすれば健康的に勃起不全を治療することが可能です。