ED治療は正しい用量を守って生活習慣を改善する

ペンとノート
EDに悩むかたは、高齢になることでも、老化などが原因になることも考えられます。また、若い世代でEDになるかたも増えています。理由としては、仕事などが忙しいことで乱れた生活リズム、そして食生活なども外食などを中心とした生活をすることで、栄養の偏り、また、過度なストレスなど、その他にもさまざまなものが考えられます。

医療機関などで治療を受けることもできますが、ED治療の場合には、治療薬を用いることもあり、その場合には、医師による説明、注意をしっかりと受け止め、治療薬の用量、用法を守ることが大切です。

また、自分でできるED対策としては、生活習慣の改善、食生活の改善などがとても重要です。不規則な生活は自律神経やホルモンバランスが乱れやすく、また、運動不足の場合には、勃起に深くかかわる血流などの悪化にもつながります。また、運動不足のかたは、肥満にもなりやすい傾向があり、生活習慣病、またEDにもなりやすい傾向があると考えられています。健康を維持することも重要なため、ED対策としてだけでなく、適度な運動をする習慣を日々の生活の中に取り入れることも考えていきましょう。

仕事などが忙しいと、外食などがどうしても多くなるケースもありますが、できるだけ栄養の偏りがでないように、外食をする場合でも、サラダなどを頼んで野菜を多く摂取できるようにする、また、果物なども食べる、肉類ばかりでなく魚やそのほかの食材なども積極的に食べるように心がけるなど工夫をしましょう。自宅で食事できる場合には、栄養バランスを考慮した食事を心がけることも必要です。生活習慣、食生活を改善していくことで、体の健康の維持、そしてED対策や予防として日々、心がけていくことが大切です。