ED治療薬の添付文書とは?

女性の医師
治療薬を受け取ると、添付文書がついてくることがあります。箱で購入すれば必ずついていますので、じっくりと読んでみましょう。

病院で処方されるED治療薬についても同様で、添付文書を熟読して、効能や使い方を学ぶことが大切です。病院によっては公式サイトに添付文書をpdfファイルで公開しているところがありますので、ED治療薬に興味があるならダウンロードしてみるとよいでしょう。多くの場合で、無料で誰でも閲覧できるようになっています。

添付文書で確認したい項目として、用法用量は当然ですが、使用上の注意にも目を通しましょう。使い方を間違えると副作用が強く出たり、十分な効き目が得られない心配があるからです。

また、警告や禁忌の部分にも必ず目を通します。ここに書かれていることを守らなければ、治療中の別の病気が悪化したり、最悪の場合には死亡する例も存在するため非常に危険です。副作用の欄も異常を確認するには、とても役に立ちます。

日本で許可されているED治療薬はどれも安全性が認められており、副作用があったとしても一時的で健康に問題ないものばかりで、危険な副作用のリスクは極端に低くなっています。

1錠の量が多いのなら、薬を分割して服用することが可能です。ですが、分割すると割れた部分にはコーティングが施されていませんので、通常よりも早く劣化してしまいます。ケースの中に保管しておく時に、割った日付をメモしておきましょう。夏なら1週間くらい、冬であれば2週間くらいが使える期間の目安です。それ以上の日数が経過したり、明らかに見た目が変化しているなら、服用はやめて捨ててください。

割るときには市販されているピルカッターの使用がおすすめです。